日常の情報収集サイト

熱中症からすぐに回復する方法、早い対処が治療のカギ!

      2016/07/02

暑い時期に怖い熱中症、
予防方法も色々広まっているので、
実践している方も多いのではないでしょうか?

しかし、いくら予防していても
完全に防げないのが熱中症です。

特に、毎年夏の初めや梅雨明けに
一気に気温と湿度が上がる時期は
体が慣れていないので熱中症の危険が高まります。

もし熱中症になってしまっても、
初期のうちに対策すれば一晩で治ります。

症状と治療方法をしっかり覚えて夏を乗り切りましょう。

スポンサードリンク



こんな時は熱中症かも?


のぼせたような感じになり、
頭痛やめまい、足の痙攣、吐き気
などを感じたら熱中症の可能性が高いです。


症状が出ている時点で、
体温調節機能に何らかの支障が起きていたり、
外気温が体温調整能力を超えてしまっています。

ですので、
少しでも違和感を感じたら
すぐに対応をはじめましょう。

ぎりぎりまで我慢してしまうと、
いざ対処しようとしても
頭がうまく回らない危険があります。

具合が悪くなったら我慢せずにすぐ対処


余裕がある時にさっさと治療してしまえば
一時間もかからずに体調は回復します。


熱中症は症状が現れてから治療を行うまでに
時間がかかればかかるほど
治療にかかる時間も多くなってしまう傾向があるので、
怪しいと感じたらすぐに治療を行います。

症状が軽い時には、コンビニに入って
冷たいスポーツドリンクや氷を購入しましょう。


一度外に出て水分を補給してから
また店内に入って涼ませてもらうのも手です。

涼めるお店が無い場合には、
風通しの良い日陰に入り、
水分を補給しながら休息します。

化学反応で冷却できる保冷剤が
ドラッグストアなどで売られていますので、
外出時にはカバンに入れておいても良いでしょう。

なかなか症状が収まらない時は


休息をとっていても体調が回復しない時には
病院に行くか、おとなしく自宅に帰りましょう。


応急処置を行っても症状が改善しないという事は、
実際に感じているより重い病状に
なっている可能性が高いので、
無理をすると重症化してしまう危険があります。


熱中症はじわじわ進行していくので、
慣れてしまって気付くのが遅れてしまう事があります。

もし外出中に熱中症になってしまった時は、
出来る限りすぐに治療を行ったうえで
移動方法を変更したり、
レジャーを中止したほうが安心です。

一度熱中症になってしまうと、
その日のうちにまた再発してしまう危険性が高くなります。

無理をしないことが熱中症の一番の治療方法です。

スポンサードリンク

 - 健康 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

鼻うがいの方法と注意点、その効果とは

鼻うがいとは、鼻から水を入れて口から 出すという洗浄方法です。 スポンサードリン …

背中の痛みの予防と対策について

背中の痛みの原因はさまざまなことが考えられます。 背中の筋肉や骨の障害、 腰や肩 …

健康になりたい!酢タマネギの効果や効能を知りたい

みなさん健康になるため、 どのようなものを意識しているでしょうか。 健康になるた …

風邪に効く食べ物について 

風邪に効く食べ物があれば、 お医者さんは要りませんし、薬も不要です。 スポンサー …

手足のしびれは何科?検査内容が知りたい

正座などをしていて 足がしびれてしまうのも仕方のないことですが、 そうではないタ …

「ゲンタシン軟膏」の効果とは?

スポンサードリンク ゲンタシン軟膏とは? 「ゲンタシン軟膏」とは、 ゲンタマイシ …

治りかけた風邪、でも咳が出るのはどうして?

風邪って嫌ですよね。 なかなか治らない。 特に夏風邪は治そうと思っても暑い中、熱 …

熱中症の予防にはクーラーの使い方が大切?間違ったエコで死亡事故も?

暑くなると一気に増える熱中症、 後遺症が残ったり、 亡くなってしまったりする場合 …

食品添加物を知る どうやって安全性を確認しているの?

食品添加物をあまり摂りすぎると身体によい影響はないのではないか。 危険はないかと …

秋の花粉症もある その症状は?咳、のどの痛み、鼻水、それは風邪とは違うのか

私達は当たり前に花粉症と言えば、 春と思っているのです。 春が過ぎれば勝ったよう …