日常の情報収集サイト

背中の痛みの原因とはなにか

      2016/08/07

背中が痛いなと感じた時に、
最初に考えることは筋肉や背骨に異常があるのか?

ということではないでしょうか?

背中は日常的に痛くなりやすい部分でもあり、
肩こりや腰痛とともに症状があらわれることもあります。


そのため、あまり深刻にとらえることは少ない傾向にありますが、
実は内臓の病気などが原因となっていることもあるのです。

そこで今回は背中の痛みの特徴や、
症状を引き起こす病気などをご紹介したいと思います。


スポンサードリンク


背中が痛くなる原因


背中が痛くなる原因の一つ目に、筋肉疲労があげられます。

背中の筋肉に緊張などのストレスが続いたり、
負担がかかったりすると筋肉にこりが生じ、
筋肉痛となって症状にあらわれます。

この状態が続くと筋肉はこりかたまり、
血行が悪くなり肩や背中の痛みとなってあらわれるのです。


二つ目にけがや骨の異常があげられます。

ケガにより背部が痛くなることもあります。

骨がもろくなっている状態の時に、
体に衝撃が加わることで背骨が折れると、
背部から胸部にかけて、痛くなってくることがあります。


また、骨のがんである場合もあります。

他の部位にあるがんが胸部に転移することによって痛くなったり、
衝撃により背骨が折れてしまうこともあります。


近代になって出てきた痛みの原因


そして近年多く見られる原因として、
パソコンやスマートフォンの使いすぎがあげられます。


日常生活でも仕事でもパソコンを使う機会が増えています。

スマートフォンは依存症になる人もあらわれるほど、
使いすぎが深刻な状態となっています。

長時間のパソコンやスマートフォンの使用は、
背中の痛みだけでなく、目のかすみ、吐き気、
頭痛なども引き起こすことがあるため、注意が必要です。


猫背の姿勢も原因のひとつとされています。
姿勢が悪くなることで、
関節や筋肉が痛んだり、しびれたりする場合があります。

また、同時にお腹が圧迫されるので、
肩や首も痛くなってしまいます。


首の捻挫も背部に影響を及ぼします。


むち打ちや寝違えなどが首の捻挫にあたります。

長時間首を動かさずにいた時に、
急に首に負担がかかることで起こると言われています。


病気によって背中の特定の場所が痛くなることもあります。

背部の左側が痛い時には、
すい臓の病気が関係している場合があります。

また胃炎や胃潰瘍なども、
食べ物を消化するための消化液が
胃の壁を壊そうとしてしまうことが原因とされています。

さらに狭心症や心筋梗塞につながることもあるので、
あまりにも痛みが続くようであれば、病院で診てもらった方がよいでしょう。

スポンサードリンク

 - 健康 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

胆管炎と胆嚢炎は同じ?違いは?

タレントの出川哲郎さんが胆管炎と闘っていますが早く良くなることをお祈りします。 …

スポーツドリンクを水筒で飲むのは危険って本当?

真夏の暑い時期などは、 学校や会社に水筒を持っていく という人が増えてきました。 …

生理と喉の痛みの関係について

毎月やってくる生理痛。 スポンサードリンク 痛みの程度は様々ですが、女性であれば …

便秘解消に効果的な食べ物

辛い便秘の症状の改善にはまず便の元となる 食べ物についてチェックしていくことが必 …

水素水を詳しく解説します!本当に効果のある水素水の見分け方とは?

抗酸化作用によって老化を防止できると人気の水素水、 健康用品を販売している店など …

治りかけた風邪、でも咳が出るのはどうして?

風邪って嫌ですよね。 なかなか治らない。 特に夏風邪は治そうと思っても暑い中、熱 …

食品添加物を知る どうやって安全性を確認しているの?

食品添加物をあまり摂りすぎると身体によい影響はないのではないか。 危険はないかと …

風邪に効く食べ物について 

風邪に効く食べ物があれば、 お医者さんは要りませんし、薬も不要です。 スポンサー …

熱中症の対策グッズは様々あります。

真夏だけでなく梅雨入り前など、急激に 温度が上がると体が暑さに慣れていない為に、 …

背中の痛みの予防と対策について

背中の痛みの原因はさまざまなことが考えられます。 背中の筋肉や骨の障害、 腰や肩 …