日常の情報収集サイト

鼻うがいの方法と注意点、その効果とは

      2016/06/05

鼻うがいとは、鼻から水を入れて口から
出すという洗浄方法です。

スポンサードリンク


鼻づまりや鼻炎がひどい時は、いくら鼻を
かんでもすっきりしないうえに、鼻が詰まっているのに
垂れてくるという症状にも悩まされます。

このような時に鼻うがいをすることで鼻を
すっきりさせることができます。

鼻の症状が全て解消されるわけではありませんが、
鼻づまりを少しでも和らげたいという人には
効果があるといえるでしょう。

鼻うがいをすることによって、かんでも出すことの
できない鼻の奥にある内容物までも、
すっきりと洗い流すことができるのです。

しかし、鼻うがいをするにはやり方や注意点があります。

まず鼻うがいは誰にでもできるのでしょうか。

鼻と口はつながっているので、誰にでも
できるといえますが、こどもの鼻にはやってはいけません。


こどもの場合には必ず病院で
洗浄するようにしましょう。

それでは鼻うがいの方法と注意点をご紹介します。

まず鼻うがいに使用する水は真水を使ってはいけません。

真水を使うと激しく痛んだり、
不快な感じになります。

それを防ぐためには体液と同じ塩分濃度の
塩水を使う必要があります。

体液と同じ0.9パーセントの塩水を
作りましょう。

水1リットルに対して9グラムの食塩を
入れよくかき混ぜます。

専用の薬液も販売されていますが、
自分で作った方が安上がりともいえます。

やり方としては、鼻から水を入れて口から出すのは、
慣れなければなかなかできることではありません。


そのため最初は、鼻から水を入れて
鼻から出す方法で練習をします。

片方の鼻の穴をふさぎ、水を吸い込みます。

そのまま息を止めて鼻から水を出します。

これを5回ほど繰り返すことで、鼻の中の
内容物は排出されやすくなります。

慣れてきたら鼻から水を入れて、
口から出してみましょう。

同じように水を吸い込んだら息を止めて
少し上を向いてみましょう。

すると水が口の方へ流れやすくなります。

そのまま飲み込まないように気を付け、
口から水を吐き出します。

鼻うがいは、鼻をかんでも出すことのできない
内容物をとるために行う方法です。

鼻づまりを完全に解消する効果はありませんが、
一時的にすっきりとさせることができます。


鼻づまりが起こる病気としては風邪の他に、
まずアレルギー性の鼻炎があげられます。

多くの人が悩まされる花粉症もこれに属し、
ハウスダストや黄砂などが原因となるものもあります。


また副鼻腔に慢性的に鼻水が
たまってしまう病気もあります。

あまりにもひどい場合には、
病院で相談するようにしましょう。

スポンサードリンク

 - 健康 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

背中の痛みの原因とはなにか

背中が痛いなと感じた時に、 最初に考えることは筋肉や背骨に異常があるのか? とい …

基礎代謝をあげて肥満を予防しよう!効率的な筋トレでスリムな体を作る方法とは?

どの年代の方にも付きものの肥満の悩み、 毎年夏が来るたびに憂鬱になっている方も …

背中の痛みの予防と対策について

背中の痛みの原因はさまざまなことが考えられます。 背中の筋肉や骨の障害、 腰や肩 …

熱中症の予防にはクーラーの使い方が大切?間違ったエコで死亡事故も?

暑くなると一気に増える熱中症、 後遺症が残ったり、 亡くなってしまったりする場合 …

熱中症からすぐに回復する方法、早い対処が治療のカギ!

暑い時期に怖い熱中症、 予防方法も色々広まっているので、 実践している方も多いの …

食品添加物を知る どんな種類があるの 規制は

完全な自給自足の生活をしていない限り、食品添加物をまったく摂らずに生きていくこと …

汗臭い原因を知る!絶対に体臭予防

あなたは知らず知らず周囲の人たちに 臭いと思われているのかもしれません。 何で、 …

ドライアイは改善できる?対策や予防法もあるの?

ドライアイというのは目を潤すための 涙の量が減ってしまうことで目が乾き、 痛みを …

治りかけた風邪、でも咳が出るのはどうして?

風邪って嫌ですよね。 なかなか治らない。 特に夏風邪は治そうと思っても暑い中、熱 …

たくさんある歯の痛みの症状と原因

口腔内は意外にもトラブルが多い部分です。 なんとなく痛みを感じることから、 激し …